ビルディングインフォメーションモデリングの略。仕様情報をもたせた3Dで設計から施工さらに維持管理まで活用する考え方。
手描き図面から今やCADが当たり前のように3Dになっていくのはもっともな流れなのでしょう。
 
 模型制作の3DCAD使用もモデリングを行い模型に必要な情報(面)を取り出しています。

変更や縮尺を変えて部分制作にも活用できる点もありますが 何より図面の食い違いを部材制作の前に解消しておくことで最終的に作業効率が上がるからです。
 
ただ、時代遅れの周辺機器となりつつあるカッティングプロッターがOSやアプリケーションに見放され少々困っています。