模型の運搬や保管に欠かせないな箱作り、手早く丈夫に作りたい大切な作業です。
材料は通常5mm厚スチレンボード、すぐに使えるよう接着の補助と補強を兼ねて爪楊枝とクラフトテープ(白)を使用します。
箱のサイズは内寸で模型ベース+3mm 高さは余裕を持たせます。
tools005 
45度の加工は後に説明するとして、画像のように45度カットしてつながった前面(開閉の蓋)、底面、背面、上面で四角形の筒が組み上がります。
背面は接着剤のスチノリをつけて前面は開閉するので接着せず前面と上面をテープで仮止めしておきます。
側面はスチノリをつけて爪楊枝を突き刺し固定してクラフトテープで補強します。
箱の内部は前面の開閉蓋が入り込まないようにするためと模型が中で浮き上がらないようにスチレンボードを両面テープで貼りつけます。
最後に運搬用の手提げにクラフトバンドをホットボンドとクラフトテープを使って貼り付け完成です。
tools006

45度の加工について
5mm厚スチレンボードを90度に折り曲げる45度カットは面倒そうに見えますが、Vカッターで手早くできます。またスチレンボード表面の紙で繋がった状態にできるので箱組みしやすく 寸法取りの間違いも起きにくくなります。箱が大きくて切り分けになる場合も外側にクラフトテープを貼り繋いでからVカットすれば同じです。
 
さてVカットの道具ですが 自作したもの(刃の交換可)を使っています。このブログを書くにあたって100均で揃う材料で作ってみました。
tools007 
ちなみに私は使用したことはないのですがベナテクノさんからスチカッターVという商品も販売されてます。