MacはformZデモ版を使いたくてLC475(1993年)を購入してからの付き合い。
現在は内蔵HDDを一度自力交換した7年目のiMac(20inch Mid2007)をOSX10.7.5Lionの環境で図面・PDF・資料画像の変換や編集、モデリング、データーからプロットの役割を担うPCです。

今のとこ支障はないのですが無料となっているOSXのyosemiteはシステム条件ギリギリでもあり
転ばぬ先の杖、yosemiteでこれらの環境を継続できるのかデュアルブートで試してみました。
1T内蔵HDDはLion、yosemite、DATAの3つのパーテーションに切っています。
tools16
Macで使用するものは
PhotoshopCS3(コピー図面、地図の編集)
IllustratorCS3(PDF図面変換、ライブトレース、プラグインによるプロット)
DraftSight(DWG/DXFバージョン変換に使うフリーCAD)
Jw_cad7.11(MikuInstallerとX11で走らせDXF書き出し)
SketchUp2014(今のとこ 3DCGデーター確認や問合せ用)
FormZ6.1.2(モデリング+模型データー作成の3DCAD)
USBシリアル変換アダプタKeyspanUSA-28X(Macとプロッターのインターフェース)
Aiplot4.5(プロッター用illustratorプラグイン)
FileMakerPro8.5(事務用)
など最新ではないアプリケーション、プラグイン、ドライバーばかり
 
とりあえず行った動作確認では
 Illustratorフォントプレビューの不具合がありましたがMacシステム環境設定-アクセシビティ-ディスプレイ-透明度を下げるで解決
MikuInstallerとX11で走らせるJwwは入れ直したりなどして起動
DraftSight設定内フォントの文字化け(未解決)
その他は今のところ問題なし

OSX10.9Mavericksを試した時は2007年製iMacでは荷が重い印象でしたが yosemiteでは意外とストレスなく完全移行も可能かも しばらくLionと様子を見ながら使ってみることにします。

追記
yosemiteでも今のとこ支障なく過ごしていますが、かなり大きな問題が隠れていました。
iMac購入時はOSX10.5 LeopardでOSX10.10yosemiteまでTimeMachineのバックアップから移行アシスタントでアプリケーションなど移行しているのですが
現在起動してるアプリケーションを再インストールしようとした場合インストーラーが起動できないものがあります。
 
Lion以降OSXに搭載されていたPowerPCエミュレーション機能(Rosetta)が除かれたことでインストーラーが動作しなくなったことのようです。
対策としてOSX10.6.3Leopardの起動用USBメモリー(32GB)をつくりアプリケーションもインストールしておいて いざという時は移行アシスタントでこのUSBメモリーから復元することにします。

あとFormZ6.1.2でショートカットキーのカスタマイズが使えない(x_x)