模型屋と3DCAD

image&model 建築模型制作してます。

2015年12月

地形模型

高低差のある地形ですが材料としてはスチレンボード2種類でほとんど済ませています。
5mm厚の収納運搬箱用と25mm厚の模型ベース用として常に3X6で複数枚在庫している材料でもあります。

手順はスチレンボード5mm厚に敷地配置図より入力のカットラインをカッティングプロットしてから切り分けます。
そして道路や隣地を塗り分けて 高さのポイントを押さえながら組み上げていきます。両端に少し余裕をもっておけばよほどの勾配でない限り収まります。
5mm厚で足らない法面はそれをゲージにして25mm厚をプラフォームカッターなどで加工して組み上げます。
地形よってはモデリングをして断面図プロットも行いますがここでは模型合わせで加工して塞いでいます。

model020

この切り分ける方法は色分けも容易で微妙なレベル差や勾配表現もできるので街区模型にも使えます。



5K iMac

27インチiMac Retina5K
3.2GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost最大3.6GHz)
8GB(4GB x 2)メモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
1TBハードドライブ-----→256GBフラッシュストレージ
AMD Radeon R9 M380(2GBビデオメモリ搭載)
MagicMouse2-----→MagicTrackpad2

 tools022
Apple Online Storeでカスタマイズ 11/8に注文して5日ほどで到着 ようやくnewiMacの環境が落ち着いた。

当初OSX10.10Yosemiteで入れ替えを考えていたものの 購入に踏み切れずにいる間にOSX10.11ElCapitan(9月末)がリリース
Yosemiteを試した時と同様にEl Capitanを試してはいました。
そして10/13のiMacシリーズリニューアルで決心がつき
カッティングプロッターとの接続に要するUSBシリアル変換アダプターやFormZのUSBプロテクトキーなど幾つかあった不具合を海外メーカーサイトなどからドライバーを入手してなんとか解決して導入に至りました。

広々した高詳細ディスプレイは快適そのもの フラッシュストレージも起動やデーターアクセスが速く素晴らしい。勿論USB3.0で外付HDDも使用してます。
iMac(Mid2007)はサブ機兼自宅用として運用
しかしRetina5Kと並べると思ってた以上に20inchが暗いのはバックライトの寿命?
 
ギャラリー
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 改造修理
  • 改造修理
  • 制作の順序
  • 制作の順序
  • スチレンペーパー
  • 参照オブジェクト
  • FormZバージョンアップ
  • プロッター部品交換