模型屋と3DCAD

image&model 建築模型制作してます。

その他

セルスポンジで補修

安価なオフィスチェアー座面の生地はほつれ中のウレタンも劣化し潰れて叩くと粉が舞い上がる状態。
しかし椅子の基本機能は損なってないので補修することに、
ホームセンターで同じような椅子が2680円と安価で正直躊躇するが、黒セルスポンジ(固めスポンジ)1000X500X厚20mmを2000円弱で入手。
椅子の生地とウレタンを剥がし合板のベースに使いかけで残っていたシリコンシーラントで貼付け不要な部分をカッターでザクザク切取りエッジをペーパー掛けして完了。
tools015
数年前に背もたれが破損してやはり同じ補修をした椅子も健在でクッション性もほどよく同じ仕様の2脚となりました。

大袈裟に言えば大量生産 大量消費社会の捨てる事への罪悪感  それに何よりもったいない。
直して使う、使い易く改良するなどで何でもない物も馴染み愛着あるものになってゆく気がします。

気分転換

ここ1ヶ月仕事の波が激しく暇かと思えば3〜4日睡眠を削っての納品が幾つか続いた。
以前だと一晩しっかり眠れば体調回復が、さすがに歳のようで翌日も疲れのだるさがとれない。
暇な1日あれば気分転換にバイクでぶらっと出掛ける日帰りツーリングも1日休んでといった感じ
今年の天候不順もありタイミング合わずちっとも乗ってないのに点検の連絡が入る始末。

そして久々に 清々しい山あいを気分次第のルートでのんびり300Kmほど走ってきた。
オフロード車の頃のような行き止まりかもしれない草の生えた林道探索はもうやめだけど
信号もなく平日で通行量の少ない広域道路は気持ちいい。

しかし朝起きてみると右首が痛みが、前半もうひとつ乗れてない感じだったせいか
それともヘルメットをささえる筋力低下なのだろうか。
キャンプ道具積んで1週間ツーリングしてた頃がなんだか懐かしい。
etc000

Nikon1 V1

IXYのオートフォーカスやたら迷う症状が出て調子が悪い。
小さなイメージセンサーで1000万画素も必要じゃないでしょと思い始めた頃からデジカメ情報に疎くなり 久しぶりにデジタルカメラの情報を検索して興味をそそる機種がNikon1 V1でした。
最新のNikon1V3はダイヤルやボタンが賑やかに配置されほとんどフルサイズ一眼並みの高機能のようです。
2011年末発売の初代Nikon1 V1は製造終了してますが気軽に使える感じがよさそうで中古を探しMapCameraで薄型レンズキットを2万以下で購入。
tools014
商品コンディションは使用感のある良品となっていましたが、
翌日届いた商品は擦りキズらしきものも見当たらず新品のようにとても綺麗でした。
邪魔にならないファインダー搭載で実機を手にするとスッキリとして形は好み
操作方法を確認しながら試し撮りなどしてみると白飛びしやすい白模型もおまかせで素早く撮れて何より速い。
モード切り替えはダイヤル操作ではなくメニューからで操作性はいまいち
しかしその中に機能はしっかり盛り込まれ慣れは必要ですがモードを変えてをあれこれ撮りたくなります。
初期の価格は10万円近くしたものの1年半で2万円台前半まで値崩れしたようですが良いカメラだと思います。 
薄型単焦点レンズは10mm(35mm換算で27mm) そのうち他のレンズも欲しくなりそうな予感。

BIM

ビルディングインフォメーションモデリングの略。仕様情報をもたせた3Dで設計から施工さらに維持管理まで活用する考え方。
手描き図面は今やCADが当たり前のように3Dになっていくのはもっともな流れなのでしょう。
 
 3DCADからの模型も必要な情報(面)を取出して制作し、その後の部分変更や縮尺を変えて部分制作にも活用しますが、言い換えれば3Dから模型用の図面を取出してることになります。
何故かといえば2D図面から作るより間違いがなく最終的に作業効率が上がるからです。
 
ただカッティングプロッターがOSやアプリケーションに見放されつつあり効率ダウンで少々困っています。
ギャラリー
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 改造修理
  • 改造修理
  • 制作の順序
  • 制作の順序
  • スチレンペーパー
  • 参照オブジェクト
  • FormZバージョンアップ
  • プロッター部品交換