模型屋と3DCAD

image&model 建築模型制作を始めた頃は2DCADすら一般的になる前 現在は3DCADを利用しています。

パソコン・アプリ

建物を含む3Dマップをダウンロード

GoogleMapAppleMapでの3D表示の街並みをグリグリ動かし自由に眺められる機能はすばらしいものがあります。
これを3DCADに読み込めたらと考えますが、さすがににそこまで自由に利用はできません。

ところがOpenStreetMap(OSM)だとそれもできます。OSMはフリーの地理情報データーを作成することを目的として発足した世界規模のプロジェクト。以前からバイク用ナビ(Gamin)で古くなった地図データーの代わりに利用しています。

まずは本家サイトの2D地図ブラウズ
http://www.openstreetmap.org/

次にOSMを利用して3Dの建築を含めた地図のブラウズ

http://osmbuildings.org

http://demo.f4map.com

そして本題の3DCADデーター変換してくれるCADMapper
ここではユーザー登録(無料)すれば1平方km未満であれば無料でautoCAD/Rinocetos/SketchUp形式のダウンロード可能となっています。
OSMで情報を持たない道路幅や低い建物の高さは任意に指定して地形メッシュ/コンタラインの有無を選んで進むと変換してくれてDLできます。

tools027
tools028

 

参照オブジェクト

FormZProのパッケージ出荷が遅れるようでライセンスコードがメールで届き体験版を製品版として使えようになりました。
 
機能確認しているとモデリングの準備で使用するボリュームのジョインが変更されてます。
FormZ6.1.2でCADの詳細な図面や複数の図面を読込みするとかなり重くなります。そこでボリュームのジョイン(複数のオブジェクトを一つのオブジェクトに)で軽くします。
しかしFormZPro8.5ではツールアイコンは同じもでも開いたラインやワイヤーは適応されず 代わりに参照オブジェクトというツールが用意されています。オブジェクトに関しての制限もなく
 tools026
FormZ6.1.2ではテキストのジョインはできない、スムーズラインが消えてしまうことがありましたがそれを気にする必要がなくなりました。

FormZバージョンアップ

FormZ 6.1.2はMacOSX10.11 Elcapitanでとりあえず使用できてます。
サポートへ問い合わせどちらも使用可能とのことなのでプレリリースファイナルキャンペーン期限間際でFormZPro 8.5を申し込みました。
インターフェースには馴染めてないし模型作りの部材抽出のためであればFormZ6.1.2で機能的には足りています。
でも長年愛用してるソフトでもありこの先もう少し使い続けていくつもり
人に使い易いと言い難いのですが 自分には一番相性のいいソフトなのです。
tools025
 

5K iMac

27インチiMac Retina5K
3.2GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost最大3.6GHz)
8GB(4GB x 2)メモリ(オプションで最大32GBに変更可能)
1TBハードドライブ-----→256GBフラッシュストレージ
AMD Radeon R9 M380(2GBビデオメモリ搭載)
MagicMouse2-----→MagicTrackpad2

 tools022
Apple Online Storeでカスタマイズ 11/8に注文して5日ほどで到着 ようやくnewiMacの環境が落ち着いた。

当初OSX10.10Yosemiteで入れ替えを考えていたものの 購入に踏み切れずにいる間にOSX10.11ElCapitan(9月末)がリリース
Yosemiteを試した時と同様にEl Capitanを試してはいました。
そして10/13のiMacシリーズリニューアルで決心がつき
カッティングプロッターとの接続に要するUSBシリアル変換アダプターやFormZのUSBプロテクトキーなど幾つかあった不具合を海外メーカーサイトなどからドライバーを入手してなんとか解決して導入に至りました。

広々した高詳細ディスプレイは快適そのもの フラッシュストレージも起動やデーターアクセスが速く素晴らしい。勿論USB3.0で外付HDDも使用してます。
iMac(Mid2007)はサブ機兼自宅用として運用
しかしRetina5Kと並べると思ってた以上に20inchが暗いのはバックライトの寿命?
 

基盤地図情報

地理院地図3Dを試した時から基盤地図情報が気になってました。
基盤地図情報には道路縁、建築物の外周線、街区の境界線、等高線などの情報が含まれたXML形式データーとあり 図面データーとは違うファイル形式で知識もなくそう簡単には扱えないと思い込んでました。
しかし数値地図や地図画像をMacで閲覧するフリーのビューアーソフト開発されてる品川地蔵さんのサイトで基盤地図ビュアーV4を目にしてインストールして閲覧してみました。

基盤地図情報をダウンロードするには登録、ログインして基盤地図情報基本項目JPGIS(GML)形式の地域と項目を選択しダウンロードします。
 
ダウンロードしたデーターを基盤地図ビュアーV4で読み込むと 綺麗に道路、建物、等高線が表示され 色や線幅も設定でき これだけでも有難いのですが[画像の保存]出力されるPDFをIllustratorで開くと
tools018
知らなかった!こうもすんなりとベクトルデーターの地図が入手できるとは予想外の驚きと感動もので それもこれも国土地理院さまと品川地蔵さまのお陰ですm(__)m
有難すぎて本当に利用していいのという思いです。

(追記)
国土地理院に問い合わせしました。 
上記のデーター利用による模型制作とこのブログの画像公開ついて以下の回答がきました。

お問い合わせの件ですが、基盤地図情報から模型を作成される場合には、測量成果の使用承認申請を行っていただきまして承認がおりましてからご利用いただくこととなります。
申請方法は申請書をご郵送いただく方法とインターネット申請の2通りがございますので、いずれかの方法で申請していただければと思います。
また、ウェブ上で基盤地図情報の画像などを公開する場合には、基本的には申請が必要になりますが、今回の程度でしたらば出所の明示をしていただければ申請不要で利用できる範囲に該当いたしておりますので、「国土地理院基盤地図情報を利用」などと記載していただければ結構です。
 
 
 
ギャラリー
  • 構造模型
  • 構造模型
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • 改造修理
  • 改造修理
  • 制作の順序
  • 制作の順序
  • スチレンペーパー
  • 参照オブジェクト